2008年10月11日

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身


あらすじ
顔がつぶされ、指を焼かれた絞殺死体が発見された。女性刑事・内海は、先輩・草薙と捜査に乗り出し、被害者の別れた妻・花岡靖子の隣人・石神が、“ガリレオ”こと物理学者・湯川学の大学時代の友人であることを知る。内海から事件の相談を受けた湯川は、その“唯一の親友”が、事件のウラにいるのではないかと推理する……。
宙を舞うかのごとく、捕らえようのない容疑者のアリバイ……。
虚言、盲点、ブラフ、天才数学者・石神が仕掛けた難問に“ガリレオ”が挑む!!



感想
月9ドラマ、「ガリレオ」の映画版ですけれど、
かなり別作品っぽい作りだなと思いました。
ドラマでは、福山さんが演じる湯川先生がひらめくと、数式を書き出し推理するといった、水戸黄門ばりのパターン化した連ドラでしたが、
この映画では、そういったシーンは出てきません。
そもそも、この映画の主演は、福山さんというよりも、柴崎さんというよりも、完全に堤真一さんになっています。
主役を食ってしまったというよりも、おそらく原作小説がそうなっているのだと思います。(読んでいないからわからないけど^^;)
ですから、ドラマ「ガリレオ」を観てなくても、十分楽しめると思います。

物理学者・湯川vs数学者・石神 という図式の宣伝文句もありますが、そういった一面はかなり薄いような気がしました。
堤さんと松雪さんの映画・・・もっと言うと、堤さんワンマンショー的な映画かな?
ドラマでいい味出していた、渡辺いっけい、品川、真矢みきなど、いなくてもいいくらいの扱いでした。
石神という役は、女にもてない(興味がない)数学者という設定ですが、それが堤さんでよかったのかは疑問です。
石神が湯川に向かって、「おまえはいいな、いつまでも若々しくて」と言うシーンを見て、「堤さんも若いよ!」と突っ込んだのは私だけではないはず!

では、この映画がつまらなかったのかといえば、そうではないです。
クライマックスシーン・・・。
館内のあちこちで、すすりなく声が聞こえました。
ラスト、けっこう泣けますよ!
原作の作家、東野圭吾ばりの展開です。
私、東野さんの作品、いくつか読んでますが、東野圭吾色の映画だなとも思いました。
そうなると、福山ファンには、物足りないのかもしれませんね。

ドラマでやっていた、実験をして謎を解明するシーンは、映画の冒頭で別事件のことでやっています。
テレビCMでよくみたシーンです。
愛についても、そのCMでとりあげていますが、
この映画、愛の物語とも言えるでしょう。


容疑者Xの献身公式HP

posted by ぽー at 19:07| Comment(0) | 容疑者Xの献身 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。